株式会社ブロードリンク,産廃ソフト,産廃システム,産廃ITシステム,産廃マニフェスト管理,マニフェスト印刷
                                                                                                         
1.計量器連動システム(産廃シローの狙い)
 シローはマニフェスト交付ソフト(イチロー)、産廃用販売管理システム(キング)と連動可能な計量伝票システムで、計量により計量伝票の発行ができ、キングと連動して売上処理を完全連動でき、更にイチローと連動してマニフェスト実績登録を自動化できます。
産廃ソフト,産廃システム,産廃イチロー,産廃キング,産廃シロー,エスエムエス,SMS産廃ソフト,株式会社ブロードリンク,ブロードリンク,中山
2.産廃シローの特徴
中間処理業者、最終処分業者向け廃棄物の受入・排出を支援
■主要な計量器メーカとのインタフェースを保有しかつ同時に複数の計量器との連動が可能。
■計量方式----@標準計量、A明細計量、B按分計量、C1行明細按分等の多彩なオペレーションに対応。
■複数回計量に対応---明細計量時は荷卸後の計量を繰返し行う滞留機能がある。
■計量証明書--A3を計量証明書、納品書(領収書)、控えの3分割して印刷する形式に対応。
■キングと連動し、計量した廃棄物の売上処理あるいは仕入処理と連動。
■イチローと連動して計量と同時にマニフェストの作成が可能
3.計量オペレーション
明細計量方式は、廃棄物毎に複数回計量することを考慮した計量方式で、継続保存キーで計量途中の状態を保持することができます。
 明細計量手順

産廃システム,産廃ソフト,マニフェスト管理,SMS産廃システム,ブロードリンク,マニフェスト作成,産廃イチロー,エスエムエス,産廃キング,産廃シロー,計量器連動,台貫連動 操作の説明

@車両番号を入力(他社の持込の場合は4桁の番号を入力)
-学習している得意先が自動で入力される)     
Aエンターキー押下で総重量が取込まれる。       
B品目を選択する(得意先毎に品目を学習しているため選択するだけで入力)      
C継続保存キーを押下して滞留させる。         
D最初の廃棄物を降ろして再度台貫に乗った段階で滞留しているデータをクリックすると空車重量を取込み正味重量が確定する。           
E次の廃棄物の計量をするため再度継続保存キーを押下。 
F次の廃棄物を降ろして台貫に乗った段階で滞留しているデータをクリックすると空車重量を取込み2つ目の廃棄物の正味重量が確定する。     
G完全保存キーを押下すると計量書が出力される。
4.計量オペから売上処理、マニフェスト実績登録への連動

産廃ソフト,産廃システム,産廃イチロー,産廃キング,産廃シロー,エスエムエス,SMS産廃ソフト,株式会社ブロードリンク,ブロードリンク,中山
5.計量証明書発行  計量伝票は以下の形式を指定できます。
           @A4用紙を3分割して使用                  AA5用紙2枚の使用
産廃システム,産廃ソフト,マニフェスト管理,SMS産廃システム,ブロードリンク,マニフェスト作成,産廃イチロー,エスエムエス,産廃キング,産廃シロー,計量器連動,台貫連動
産廃システム,産廃ソフト,マニフェスト管理,SMS産廃システム,ブロードリンク,マニフェスト作成,産廃イチロー,エスエムエス,産廃キング,産廃シロー,計量器連動,台貫連動
産廃ソフト,産廃システム,産廃イチロー,産廃キング,産廃シロー,エスエムエス,SMS産廃ソフト,株式会社ブロードリンク,ブロードリンク,中山    産廃ソフト,産廃システム,産廃イチロー,産廃キング,産廃シロー,エスエムエス,SMS産廃ソフト,株式会社ブロードリンク,ブロードリンク,中山        

                                                                 産廃ソフト,産廃システム,産廃イチロー,産廃キング,産廃シロー,エスエムエス,SMS産廃ソフト,株式会社ブロードリンク,ブロードリンク,中山

Google